NEWS

NEWS

RAZOアドバイザー今村陽一主宰「山梨ドリフトミーティング」レポート

ドリフト初心者からエキスパートまで

RAZOアドバイザーであり、D1グランプリを4度制した今村陽一氏が主催する「山梨ドリフトミーティング」が10月18日スポーツランドやまなしで開催されました。初心者からエキスパートまで、走って学べるドリフトの練習会です。

D1シリーズチャンピオンを4度(1度は3連覇)獲得した今村陽一氏。
地元山梨でドリフト練習会や、日本で唯一(RAZO調べ)のナイトドリフトミーティングを企画するなど、ドリフトカルチャーを盛り立てる企画を次々と実現。練習する場所や機会が限られるドリフト走行に、楽しく走る機会を提供すべくイベントを開催しています。

今回の練習会は、初心者や女性ドライバー、あるいはチームでの参加とまさに参加者のためイベント。
さらにはゲストドライバーとして、2005年D1チャンピオンのワクワクさんこと風間靖幸氏の走りまで堪能できるイベントでした。

元D1グランプリチャンピオンの風間靖幸さんにレポートしていただきました

2005年D1グランプリシリーズチャンピオンの風間靖幸さんに、RAZOシフトノブ「RA66 カーボンMTノブ ブラック400 BK」を使用していただき、ドリフトをしながら!RAZOシフトノブのインプレッションをレポートしていただきました。

「ちょっとこれ重めにしてもらったんで(400gです)、シフトノブの重さでシフトの入り方とか抜け方(の違い)っていうのも結構あるかなって思います。」

「いいね~、やっぱ、重いものを支点に(から)上へ上げてやったほうが、少ない力で、早く大きいストロークを動かせる。」

「2速から1速に落とすなんて普通は、(軽くは)入んないんだけど。スポスポ入ります。」

「いいよ。すっごくスパッ、スパッとはいる。
1(速)から2速にあげたところ、2速から1速落として2速に入れる時が重い物が上にある方が、叩いて入れても引っ掛からないとか、

レバーストローク(シフトレバーをストロークさせてる時)のスピードが速いんでいいです。
多分、前のヤツ(N●●MO)よりいいンじゃない!」

風間靖幸氏(現:RODEXTYLE代表)。とても気さくな人で、当日お願いしたのにもかかわらず100%のサービス精神でレポートしてくださいました。


日産シルビアS15


RA66 カーボンMTノブ ブラック400 BKを装着。

走行後の焼けきれたタイヤ

ドリフトミーティング 次回の開催予定

次回のドリフトミーティングは12月20日(日)に山梨で予定しているとのこと。
詳細の発表は今村陽一氏のFacebookにてご確認ください。
https://www.facebook.com/D1.Yoichi.Imamura/

RA66 カーボンMTノブ ブラック400 BK

シフトフィールを重さがアシスト! 3段階高さ調整

ブラックメッキ+カーボンファイバー巻き仕様。胴体とTOP部分にカーボンファイバーを採用した贅沢なシフトノブ。
ドリフトや素早いシフトチェンジを行いたい方、シフトストロークが短い車にお勧め。
シフトノブの重さがシフト操作に及ぼす影響をお楽しみください。
基準重量 400g。3段階高さ選択機構付。対応シャフトネジ径:8mm、10mm、12mm。

¥7,920

 

RÄZO updateFEATUTE

一覧